5月1日(水) 新品 新入荷情報!

★世界各国で発生した心霊現象の実況録音を収めた世にも恐ろしいアンソロジー第1弾解説:朝宮運河(怪奇幻想ライター)!
1008797897

●オムニバス / 実録!世界オカルト音楽大全1
国内CD 3,520円(税込) (ディスクユニオン / DUPG291 / 4988044842182)





心霊の時代を鮮やかに甦らせるアンソロジー
1930年代から2017年までの欧米に伝わる数々の心霊現象の実況録音を集めた世にも恐ろしいLP「SPECTRA EX MACHINA: A SOUND ANTHOLOGY OF OCCULT PHENOMENA 1920-2017 VOL.1」は2019年ひっそりとリリースされると同時にじわじわとオカルトファンの間で話題になり現在廃盤。今年同シリーズ3部作(予定)の第2弾がようやく発売の運びとなり、日本からのリクエストにより初CD化となる。
1930年晩年のアーサー・コナン・ドイルによる講演記録、「エミリー・ローズ」の元ネタとなった70年代ドイツでのアンネリーゼ・ミシェルの悪魔祓いの地獄のヴォイス、奇術師ハリー・フーディーニの「最期」のステージ、1980年英国での幽霊飛行機の音声や猛烈なポスターガイスト現象等々世にも恐ろしい音源が詰まった1枚。
16Pに及ぶ写真+解説付きのブックレット(英語)に加え、怪奇幻想ライター朝宮運河によるライナーノーツも封入されたオカルトファン必携の1枚! 【日本語帯解説付き/解説:朝宮運河(怪奇幻想ライター・書評家)】


★世界各国で発生した心霊現象の実況録音を収めた世にも恐ろしいアンソロジー第2弾解説:朝宮運河(怪奇幻想ライター)!
オムニバス / 実録!世界オカルト音楽大全2
●オムニバス / 実録!世界オカルト音楽大全2
国内CD 3,520円(税込) (ディスクユニオン / DUPG292 / 4988044842199)

  

音楽でたどる20世紀オカルトムーブメント
1930年代から2017年までの欧米に伝わる数々の心霊現象の実況録音を集めた世にも恐ろしいLP「SPECTRA EX MACHINA: A SOUND ANTHOLOGY OF OCCULT PHENOMENA 1920-2017 VOL.1」は2019年ひっそりとリリースされると同時にじわじわとオカルトファンの間で話題になり現在廃盤、今年同シリーズ3部作(予定)の第2弾が日本からのリクエストによりCDも同時リリースとなる。前作VOL.1はポルターガイストや建物で発生した超常現象を主にクローズアップした内容で、本作第2弾は霊媒師を媒介とする音楽家の演奏をテーマに、霊能者デヴィッド・ベアによるエルヴィス・プレスリー交霊会、霊媒師リタ・グールドによるグウェン・バーンの息子の降霊、ジャック・ウェバーの霊による歌唱、口寄せ師レスリー・フリントによるショパンの降霊術、ローズマリー・ブラウンの降霊によるフランツ・リストの作品の実況録音が収録された背筋が凍るアーカイヴに加え、魔女の王アレックス・サンダース、悪魔教会の開祖アントン・サンダー・ラヴェイ、自称UFOコンタクティのハワード・メンジャーらによる演奏も収録。16Pに及ぶ写真+解説付きのブックレット(英語)に加え、怪奇幻想ライター朝宮運河によるライナーノーツも封入されたオカルトファン必携の1枚! 【日本語帯解説付き/解説:朝宮運河(怪奇幻想ライター・書評家)】



★録音中’21年に逝去したロジェ・トリゴー在籍、チェンバーロック最高峰プレザン最終作!
プレザン / ディス・イズ・ノット・ジ・エンド
●プレザン / ディス・イズ・ノット・ジ・エンド
国内CD 3,300円(税込) (ディスクユニオン / DUPG295 / 4988044842250)

  


ロジェ・トリゴーよ永遠に...初期ユニヴェル・ゼロ最重要メンバーとして在籍、ゼロが確立したチェンバー・ロックを継承し、更に凶悪性・暴力性が際立つサウンドを確立したベルギーのプレザン。
2000年以降フランスでロック・イン・オポジション・フェスティバルを復活させ、自身が率いるプレザンも精力的に活動。2014年はRIOジャパン・フェスティバルによる初来日公演も果たし、RIOシーンを牽引する圧倒的な演奏力と唯一無二の存在感を放つ。
フランスのエクスペリメンタル・バンドNIのフランソワ・ミニョー(g)、ベルギーの硬派チェンバーロックバンドARANISのリーズベス・ランブレヒト(vln)を迎え入れた新体制での録音中2021年3月、リーダー/コンポーザーのロジェ・トリゴーが逝去。
本作はタイトル「this is not the end」と相反する、トリゴー在籍プレザンの最終作。
全曲トリゴーが作曲し、反復リズム、複雑な対位法、楽器間の緻密な相互作用、急速な変拍子、そして力強いアタックとシンコペーションを駆使した結果、目もくらむような精密な作品が完成。それぞれのパートが異なったアングルから生まれたように見えるが、最終的にはひとつの塊として結実。
トリゴー曰く「リスナーのためだけでなく、自分自身を追い込むために、延々と続く反復メロディとポリリズムを使用するのだ。」
また、トリゴーによるアンリ・ミショーの詩やエドガー・アラン・ポーの「Tell-Tale Heart(告げ口心臓)」の朗読も楽曲の緊張感を高め、極めて完成度の高い作品に仕上がっている。

プレザン
ロジェ・トリゴー:キーボード、ヴォーカル
フランソワ・ミニョー:ギター
ピエール・ジュヴァリエ:ピアノ、キーボード、ヴォーカル
デイヴ・カーマン:パーカッション
キース・マックソード:ベース
クルト・ビュデ:サックス、クラリネット、バス・クラリネット
リーズベス・ランブレヒト:ヴァイオリン
ウディ・クームラン:サウンド【帯ライナー付国内仕様 / 解説:黒木朋興】



ディスクユニオン店舗受取サービス

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008797897
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008797907
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008794232


ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

TEL:03-3461-1809 / e-mail : dp6@diskunion.co.jp