●イモータル / ウォー・アゲインスト・オール
国内CD 2,860円(税込) (ワードレコーズ / GQCS91321 / 4582546597412)

  

あのアバスを輩出したノルウェーを代表するブラック・メタル・バンドの1つ、イモータルがニュー・アルバムをリリース! もはやデモナスのソロ・プロジェクトと化しているが、サウンドの方は相変わらずのブリザード。速くて激しくてエピック。暴虐の限りを尽くしたブラック・メタルを聴け! 【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】
ノルウェーを代表するブラック・メタル・バンドの1つ、イモータルは、91年にアバス(B、Vo)、デモナス(G)を中心に結成された。殺人、放火が横行していた当時のノルウェジアン・ブラック・メタル・シーンにおいて、少々ユーモラスな雰囲気をまとっていたイモータルは異色の存在だったと言える。そんな彼らは92年に『Diabolical Fullmoon Mysticism』でアルバム・デビュー。その後コンスタントにアルバムをリリースしていく。とりわけ99年の『At the Heart of Winter』は、ブラック・メタル史上に残る名作として名高い作品である。
だが、順風満帆に見えていたイモータルであったが、03年に突如解散を発表。ファンを驚かせる。結局は4年後の07年に復活し、09年には新作『All Shall Fall』をリリース。だが、その後「イモータル」の商標を巡って、メンバー内で法的争いが勃発。バンドの顔とも言えるアバスが脱退してしまう。それでも残されたデモナスとホルグ(Dr)は、バンドの継続を決意。18年には2人で『ノーザン・ケイオス・ゴッズ』を制作。アバス抜きでもイモータルは健在であることをアピールして見せた。
そんなイモータルが、5年ぶりにニュー・アルバムをリリースする。『ウォー・アゲインスト・オール』と題された本作。クレジットを見てみると、何とホルグすらいなくなっており、ついにデモナスのソロ・プロジェクトと化している様子。だが、心配はご無用。「ファースト・アルバムで確立したスタイルを続けていく。つまり速くて、激しくて、エピックなBlashyrkh Metalだ! 」とデモナスが豪語する通り、その中身はイモータル以外の何ものでもない。ブリザードが吹き荒ぶ、厳しい極北の自然を音にしたような暴虐のブラック・メタルは健在。これこそノルウェーのブラック・メタル。全エクストリーム・メタル・ファン必聴のアルバムだ!
【メンバー】
デモナス (ギター、ヴォーカル)
ケヴィン・クヴァル (ドラムス)
アルヴェ・イスダル (ベース、ギター)




●デヴィルドライヴァー / ディーリング・ウィズ・デーモンズII
国内CD 2,860円(税込) (ワードレコーズ / GQCS91324 / 4582546597474)

  

デズ・ファファーラ率いるデヴィルドライヴァーがニュー・アルバムをリリース! 人間の内面に潜む悪魔との葛藤を描いたという本作は、バンド史上最もダークでヘヴィな傑作!
コール・チェンバーでの活躍でも知られるデズ・ファファーラ率いるアメリカのグルーヴ・メタル・バンド、デヴィルドライヴァー。03年にバンド名を冠したアルバムでデビュー。その後も2-3年おきと、精力的にアルバムを発表し続けてきた彼ら。20年にリリースされた『ディーリング・ウィズ・デーモンズ I』は、サウンド的にも内容的にも非常にヘヴィな作品となり、ファンからも大きな喝采を浴びた。
この度、そんな彼らが3年ぶりとなるニュー・アルバムをリリースする。『ディーリング・ウィズ・デーモンズ Vol. II』というタイトルからもわかる通り、前作と対をなす作品だ。もともと『ディーリング・ウィズ・デーモンズ』はダブル・アルバムとして企画されており、その残り半分がついに日の目を見る。タイトルは「デーモンへの対処」と言った意味だが、これはデズによれば「人間の内面に潜む悪魔との対話」とのこと。自身の内面との葛藤という非常に重いテーマだけであって、サウンドの方も前作をさらに上回るダークでヘヴィなものになっている。これこそ彼らに求めるサウンドだろう。
ヘヴィメタルやハードコア・パンクはもちろん、アウトロー・カントリー、そしてブラック・メタルも大好きだというデズ・ファファーラ。そんな彼が渾身の力で作り上げた『ディーリング・ウィズ・デーモンズ Vol. II』。まさにデヴィルドライヴァーのキャリアの集大成とでも言うべき作品だ。
【メンバー】
デズ・ファファーラ (ヴォーカル)
マイク・スプリッツァー (ギター)
ニール・ティーマン (ギター)
オースティン・ダモンド (ドラムス)




●エレガント・ウェポンズ / ホーンズ・フォー・ア・ヘイロー
国内CD 2,860円(税込) (ワードレコーズ / GQCS91315 / 4582546597283)

  

リッチー・フォークナー(ジューダス・プリースト)、スコット・トラヴィス(ジューダス・プリースト)、レックス・ブラウン(パンテラ)、ロニー・ロメロ(レインボー、MSG、ディスティニア)という豪華すぎるメンバー集結したスーパースター・バンド、エレガント・ウェポンズがデビュー・アルバムをリリース! 2023年のメタル界を揺るがすモンスター・アルバムの登場だ!
スーパースターが集結したプロジェクトも珍しくなくなってきたが、このエレガント・ウェポンズは破壊力が段違い。何しろあのジューダス・プリーストのギタリスト、リッチー・フォークナーが夢見ていたラインナップを実現したというのだから、生半可なメンバーであるはずがない。ドラムはやはりジューダス・プリーストのスコット・トラヴィス。リッチーは「ずっと彼とジューダス・プリースト以外のアルバムを作りたいと思っていた」とコメントしている。ベースはレックス・ブラウン。言わずと知れた、パンテラのグルーヴ・モンスターである。そしてヴォーカルを務めるのは、ロニー・ロメロ。レインボー、マイケル・シェンカー・グループ、ヴァンデンバーグ、ディスティニア等で活躍する、現在メタル界で最も多忙な実力派シンガーだ。
そんな豪華すぎる4人が集結して作り上げたデビュー・アルバムのサウンドは、いかなるものか。ここではやはり、「ジミ・ヘンドリクス、ジューダス・プリースト、ブラック・サバス、オジー・オズボーン、そしてブラック・レーベル・ソサイアティのミックス。オールドスクールだがモダン。ギター・ソロがたくさんあって、骨を震わせるくらい曲はヘヴィだけどメロディは豊富」という、リッチー自身の言葉を引くのが一番であろう。スコットとレックスという鉄壁のリズム隊の上に、リッチーのヘヴィでメロディックなギターと、職人ロニーの最強ヴォーカルが乗る。ヘヴィメタルのレジェンドたちが、ヘヴィメタルの歴史を総括する作品を作ったと言うべき作品。2023年のメタル界を揺るがすモンスター・アルバムの登場だ!

【メンバー】
リッチー・フォークナー (ギター)
ロニー・ロメロ (ヴォーカル)
レックス・ブラウン (ベース)
スコット・トラヴィス (ドラムス)




●カース・オブ・ケイン / カース・オブ・ケイン
国内CD 2,860円(税込) (ワードレコーズ / GQCS91323 / 4582546597436)

  

ヨナス・アスプリンド(元フォロー・ザ・サイファー、元アド・インフィニトゥム)による新バンド、カース・オブ・ケインがデビュー・アルバムをリリース! 呪われたケインの物語を、自ら「モダン・サイファイ・メタル」と呼ぶダークでエピックなスタイルで演じあげる超力作!
カース・オブ・ケインはスウェーデンのメタル・バンド。フォロー・ザ・サイファーやアド・インフィニトゥム等でも活躍していたベーシスト、ヨナス・アスプリンドが新たに結成したグループである。そんなカース・オブ・ケインが、バンド名を冠したデビュー・アルバムをリリースする。
「映画のようなメタル」を標榜しているという彼らは、自らのスタイルを「モダン・サイファイ・メタル」と呼ぶ。ヘヴィなギターにダークなデジタルの味付け、そしてメロディックな女性ヴォーカル。確かにその内容は非常に現代的でSFチック。ヨナスが過去にやってきたバンドの総決算的なアルバムに仕上がっていて、トラディショナルなメタルからゴシック・メタル、メロディック・デス・メタルに至るまで、その音楽的射程は広い。アルバムはバンド名通り、アダムとイヴの息子、呪われたケインがテーマ。各メンバーがキャラクターに成り切ることで、演劇的要素も強くもったメタルの新境地を開くアルバムとなっている。これぞヘヴィメタル界がまだ遭遇したことのない、新たなるエピック・ワールドである。
【メンバー】
ザ・ソウルキーパー (ヴォーカル)
ザ・タイムキーパー (ギター)
ザ・パイレイト (ベース)
レインボー (ヴォーカル、パーカッション)
ザ・メカニック (ドラムス)






●ナーニア / ゴースト・タウン<輸入盤日本仕様>
国内CD 2,500円(税込) (Bickee Music / BKMY1130 / 4522197146096)

  

ソリッドなロック、ポジティヴなメッセージと熱きパッションを封じ込めメロディック・メタル・マスターが掲げる通算9枚目のニュー・アルバム!
4年振り通算9枚目となるスタジオ・アルバム『Ghost Town』は単にネオクラシック・メタルやパワー・メタル、メロディック・メタルというジャンルにカテゴライズされないさらにその上へといく作風だ。プログレッシヴ、モダンでヘヴィな風合いやそれとは異なる要素も投入しながら、クラシックでメロディック・メタルの方向性もうまくバランスを取りながら全体を構築。オリジナル・メンバーのギタリスト、プロデューサーのCJ・グリムマークはサウンドの鍵を握る人物であり、シンガーのクリスチャン・リレグレン、ベーシストのジョナタン "ジョノ"サミュエルソンと共にバンドの源となる練られた歌詞とメロディを通じて優れた楽曲を生み出している。長年のファンにもアピールするネオクラシカルなオープニング"Rebel"やリスナーが喜ぶ"Hold On","Wake Up Call","Alive"のようなストレートな曲。またプログレ的な"Descension"は全体を結び付ける明確な共通項を見出すことができる。"Out Of The Silence"はバリトン・オペラで朗読するSaviour Machineのフロントマン、エリック・クレイトンをフィーチュア。"Glory Daze"は、おそらくアルバムの中で最もヘヴィな曲であり、クリスチャン自身が「燃え尽き症候群」で経験したことを歌っている。アルバム全体でさまざまなトピックを取り上げており、音楽的にも精神的にもロック・ファンが共感できる要素が収録されたニュー・アルバムに仕上がった。 [メンバー]
Christian Liljegren
CJ Grimmark
Jonatan "Jono" Samuelsson
Martin Härenstam
Andreas "Habo" Johansson
【仕様】
・輸入盤日本仕様 



●サックス / デス・スティール
国内CD 2,420円(税込) (DARKER THAN DARKNESS / DTDR003 / 4595642618059)

  

サックスは80~90年代チェコ・スラッシュ・メタルの最重要バンドの一つで、1986年に結成された4人組バンド。リーダーであるPavel Urbanek(Guitar)は、サックス解散後プログレッシヴ・デス・メタル・バンド、FORGOTTEN SILENCEを結成。その他、デス・ブラック・メタル・プロジェクトWILLIG等、多数のプロジェクトに関わっている。現在はサックスの後継となるスラッシュ・メタル・バンド、Götterdämmerungをメインに活動中。 本作はチェコ・スラッシュの伝説、サックスがリリースした3本のデモと、貴重な1989年のライヴ音源を1枚のCDに収録したファン必携のコンピレーション盤。「With Satan In The Body」は、全9曲中このデモにのみ収録されている楽曲が6曲となっており、実質的なファースト・アルバムとしても聴くことが出来ます。「Zone Of Fear」「Thrash Of Moravia」デモは、ファースト・アルバム「Zóna strachu」セカンド・アルバム「Moravské ná?ez」のプロトタイプとなりますが、デモならではの荒々しさと衝動感を存分に堪能できます。本CDにはオリジナル・メンバーPavel Urbánekへのインタビューを掲載。また、封入特典としてロゴ・タトゥー・ステッカーと、レプリカ・ミニ・フライヤーが付属。



●ブリーディング・アート / モヤ・ドゥシャ/イン・ジ・エターナル・ガーデン・オブ・デス
国内CD 2,420円(税込) (DARKER THAN DARKNESS / DTDR006 / 4595642618080)

  

1996年に結成され、2000年まで活動したポーランド出身のカルト・デス/ブラック・メタル・バンド。 1997年に発表した4曲入りデモ「モヤ・ドゥシャ」は、オールドスクールなデス・メタルに独自の叙情性を融合した傑作としてマニアに知られていました。また、2000年に発表した4曲入りデモ「イン・ジ・エターナル・ガーデン・オブ・デス」では、その音楽性をブラック・メタルにチェンジ。憂いを帯びた叙情性を最大限に引き出した、メロディック・ブラック・メタルの隠れた名作となっています。Darker Than Darkness Recordsはこの2つの名作を1枚のCDにカップリングし、初のオフィシャル再発盤としてリリースします! オリジナル・メンバーJacek Fallへのインタビューを掲載し、ボーナス・トラック4曲を追加収録。さらに特典としてロゴ・ステッカー2種類が付属します。歌詞対訳、インタビュー協力はDekalog11主宰Sayuki Okada氏。初期NECROPHOBIC、初期OLD MAN'S CHILDファンの方はお見逃しなく!



●VOMITORY / ALL HEADS ARE GONNA ROLL
輸入CD 2,310円(税込) (METAL BLADE / MB160422 / 0039841604221)

  

89年結成。長年に渡り北欧デスメタル・シーンを牽引するスウェーデンのベテラン・バンドの23年発表作品。
【仕様】
・デジパック




●WALK WITH TITANS / OLYMPIAN DYSTOPIA
輸入CD 2,750円(税込) (ROCKSHOTS / RSCD165 / 8051128622218)

  

カナダ・モントリオールを拠点に活動をするメロディック・パワー・メタル・バンドの1stフル・アルバム。ハイトーンVoとキャッチーなメロディによるストレートなメロディック・パワー。




●ARCHON ANGEL / II
輸入CD 2,530円(税込) (FRONTIERS / FRCD1293 / 8024391129326)

  

SAVATAGE/CIRCLE II CIRCLE/ Trans-Siberian Orchestraなどで知られるZak StevensとSECRET SPHERE/EDGE OF FOREVERなどを手掛けてきたプロデューサー/ギタリストのAldo Lonobileを中心としたパワー/プログレッシブ・メタル・バンドの2ndフル。
高評価を獲得した20年のデビュー作『Fallen』以来、約3年振りの新作。ピアノや厚めのコーラスワークなどを効果的に導入したSAVATAGEの流れを汲むサウンドで、パワーメタルの重厚さとプログレ的なドラマ性が共存する楽曲は、本作でも健在。Zakの安心感たっぷりの歌唱に加え、Aldoのテクニカルなギターも良いアクセントになっている。ド派手なテクニカルパートや大仰なシンフォニックアレンジがあるようなタイプではないが、じっくり聴き込むことでジワジワと素晴らしさを感じさせる好盤。 



●WARLORD / THE HUNT FOR DAMIEN
輸入CD 2,860円(税込) (HIGH ROLLER RECORDS / HRR869CD / 4251267711727)

  

USカルト・エピック・メタル・バンドWARLORDが15年に発表したリ・レコーディング・ベスト、High Rollerからの再発盤。ボーナスCD付2枚組。
本作よりARRAYAN PATHのNicholas Leptos(Vo)が加入。新体制で過去の名曲たちをリ・レコーディングした一枚。
【仕様】
・スリップケース



●BLOODY DICE / BLOODY DICE
輸入CD 2,530円(税込) (EONIAN / ER00049 / 0798576229498)

  

VIOLMACEのNickie Jensen(G)、FATEのDagfinn Joensen(Vo)、MAL COSTUMBREのStuart O'Neill(B)、ex-ROYAL HUNTのKenneth Olsen(Dr)という国際色豊かなメンバーで結成、ハード・ロックをベースに様々なジャンルが絶妙に混じり合うロック・バンドの23年発表作品。



●RUFUS FONTAIN / RUFUS FONTAIN
輸入CD 2,530円(税込) (EONIAN / ER00048 / 0798576229399)

  

ハード・ロックにサザン・ロックとブギー、メタルの要素を加えたバンドRufus Fontainのフル・アルバム。DIRTY LOOKS、JAKYL、AC/DCあたりのファンにオススメ。




●PONTILLO AND THE VINTAGE CREW / FOR THE LOVE OF BLUES
輸入CD 2,530円(税込) (EL PUERTO / EPR0502 / 4260421721267)

  

ジャーマン・ハードロック・バンドVICTORYのシンガー・Gianni Pontilloのソロ・バンド。VICTORYよりもブルージーなテイストの強いアダルトなハードロック・サウンド。




●ACACIA STRAIN / FAILURE WILL FOLLOW
輸入CD 2,530円(税込) (RISE / 5053887693 / 4050538876932)

  

現存するバンドの中でも、最もヘヴィなサウンドを鳴らすバンドとして知られる、マサチューセッツ州出身のヘヴィ・アクト、ジ・アカシア・ストレインが放つ、大胆な異次元轟音空間。常に獰猛で凶暴なサウンドに磨きをかけてきた彼らが挑む2作同時発売。彼らにしか出来ない粉骨砕身のパワーと衝撃的なグルーヴが完膚なきまでに聴くものを蹂躙する通算12作目『FAILURE WILL FOLLOW』完成。一層勇猛果敢に凶暴なまでに凄まじい音像を極めた驚きの新章が今始まる――!
通算11作目となるアルバム『STEP INTO THE LIGHT』と同時に発売となる12作目のアルバム『FAILURE WILL FOLLOW』。ジ・アカシア・ストレインの本流サウンドと呼べる粉骨砕身のパワーと衝撃的なグルーヴが驀進する前作に比べ、本作はバンドが持つ重々しい暗黒面に焦点を当てた作品だと言えるだろう。3曲の10分以上の壮大な長編作からなる本作は、まさに怒涛のヘヴィ・ドゥーム・アルバムとなっている。こちらのアルバムもクビライ・カンやレフト・ビハインドなどを手掛けるランディ・ルブーフがプロデュースを手掛けている。アルバムから現在公開されている10分強の「basin of vows feat. ethan mccarthy」を聴けば、『FAILURE WILL FOLLOW』のどこまでも広がる深い漆黒の闇世界を垣間見ることができるだろう。
アルバムに収録されている曲には、それぞれゲストが参加している。「pillar of salt」にはFull Of Hellのディラン・ウォーカーが、「bog walker」にはにはバンドの親友サム・ソーヤーが、そして「basin of vows」にはPrimitive Manのイーサン・マッカトニーがフィーチャーされている。残虐なまでに獰猛なブルータル・メタル・サウンドのアルバムと、深い闇の底をさらに掘り下げるような漆黒のドゥーム・サウンド。結成以来常に自身のサウンドを突き詰め、研ぎ澄ませてきたジ・アカシア・ストレインの大胆な新章が今始まる――。




●ACACIA STRAIN / STEP INTO THE LIGHT
輸入CD 2,530円(税込) (RISE / 5053887699 / 4050538876994)

  

現存するバンドの中でも、最もヘヴィなサウンドを鳴らすバンドとして知られる、マサチューセッツ州出身のヘヴィ・アクト、ジ・アカシア・ストレインが放つ、大胆な異次元轟音空間。常に獰猛で凶暴なサウンドに磨きをかけてきた彼らが挑む2作同時発売。彼らにしか出来ない粉骨砕身のパワーと衝撃的なグルーヴが完膚なきまでに聴くものを蹂躙する通算11作目『STEP INTO THE LIGHT』完成。一層勇猛果敢に狂暴なまでに凄まじい音像を極めた驚きの新章が今始まる――!
通算11作目となるスタジオ・アルバム『STEP INTO THE LIGHT』。ここで披露されているのは、ジ・アカシア・ストレインにしか出来ない粉骨砕身のパワーと衝撃的なグルーヴが完膚なきまでに聴くものを蹂躙する圧巻の10曲だ。プロデューサーは前作同様クビライ・カンやレフト・ビハインドなどを手掛けるランディ・ルブーフ。アルバムからのリード・トラック「FRESH BONES」を耳にすれば、彼らがこれまで突き詰めてきたハードコアとデス・メタルを融合させた驚愕なまでにダークでヘヴィなサウンドが更なる深みへと到達したことが分かるだろう。その獰猛な轟音で一つの時代を築き上げてきた感のある彼らだが、その勢いは衰えることなく一層勇猛果敢に狂暴なまでに凄まじい音像を極めているのだ。『STEP INTO THE LIGHT』には昨年発表されたシングル「Untended Graves」が収録されている他、ゲスト・ヴォーカルとしてチェンバーのジェイコブ・リリーとスナミのジョセフ・アルフォンソが参加している。
「ようやくジ・アカシア・ストレインの新章について話すことができる」そうアルバムについて語るのはフロントマンのヴィンセント・ベネット。「やっと何を聴いているのか分かるようになった頃に、新たな驚きをもたらそうと考えている。少し息を詰めるがいい――また驚かそうとしているかも知れないからな」
REVOLVER誌が"2023年最も期待される55枚のアルバム"の一つに選ばれ、Rock Soundが"誰よりも圧倒的にハードだ"と語るジ・アカシア・ストレイン。その最新作で彼らが聴くものにどのような驚きをもたらすのか。その答えは本作にある。




●HATE BEYOND / STRANGLED EXISTENCE
輸入CD 2,200円(税込) (Narcoleptica / NP37322 / 2299991252798)

  

特別にヨーロッパ盤のみ収録の未発表曲ボーナストラック『SOUTH BACK STABBED』『FATALLY PERISH』の2曲を追加。新しいメンバーで彼らのサードアルバムから2曲がリ・レコーディングされたもの。シュリンク包装未開封デジパック仕様!
多国籍メンバーによるフル・ロックダウンからの奇蹟! 未だ全人類が得体の知れないウィルスにもがき苦しみ続ける中、同様に困難を乗り越え、遮断された国境をも乗り越え、ようやくリリースに漕ぎつけた執念の咆哮! 新ドラマーに脅威の速さとテクニックで立ち向かう南フランスの傑人『マックス』を迎え、より一層と曲に厚みと攻撃力を増し、最高級へと進化した怒涛のスラッシュ・メタル! クローンやトレンドは興味ねぇ・・・俺たちは俺たちのやり方で俺たちの音楽を追求する!
通算6枚目フル・アルバムの今作は、新ドラマーに脅威の速さとテクニックで立ち向かう南フランスの傑人『マックス』を迎え、より一層と曲に厚みと攻撃力を増し、日本の孤高のギタリスト・ワージーによるスピードとスリルに溢れたギターワークはもちろん、規格外の巨体から唸りだすモレノのパワフル・ボイスも健在、今回はバンド・スタイルに合わせたのか、少しハスキーにスラッシーに叫んでいる! ゲスト・ボーカルにフランスの女性スラッシュ・ボーカリスト『シビル』嬢(WITCHES / ウィッチーズ)も1曲で参加。日本盤のみ収録のボーナストラック『THE NEMESIS』は今回の為に、再び収録し直したものだ。最高級へと進化した怒涛の激震スラッシュ・メタルを体感せよ!
【仕様】
・デジパック



●ARCH ENEMY / BURNING BRIDGES
輸入LP 4,070円(税込) (CENTURY MEDIA / 19658800441 / 0196588004414)

  

Johan Liiva(Vo)参加最終作となった99年発表の3rdフル・アルバム。2023年Century Mediaからの再発盤。
【仕様】
・限定PICTURE VINYL



●ARCH ENEMY / BURNING BRIDGES
輸入LP 3,740円(税込) (CENTURY MEDIA / 19658800411 / 0196588004117)

  

Johan Liiva(Vo)参加最終作となった99年発表の3rdフル・アルバム。2023年Century Mediaからの再発盤。
【仕様】
・BLACK VINYL



●ARCH ENEMY / WAGES OF SIN
輸入LP 4,070円(税込) (CENTURY MEDIA / 19658800491 / 0196588004919)

  

Angela Gossow(Vo)加入第一弾。01年発表の4thフル・アルバム。2023年Century Mediaからの再発盤。【仕様】
・限定PICTURE VINYL



●ARCH ENEMY / WAGES OF SIN
輸入LP 3,740円(税込) (CENTURY MEDIA / 19658800461 / 0196588004612)

  

Angela Gossow(Vo)加入第一弾。01年発表の4thフル・アルバム。2023年Century Mediaからの再発盤。
【仕様】
・BLACK VINYL



●オジー・オズボーン / モンスターズ・オブ・ロック、ドニントン・パーク、イングランド 1986(+4)
国内CD 2,600円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD11121 / 4997184175722)

  

メタル・ゴッズの一人であるオジー・オズボーン。ブラック・サバスとしての活動を終了すると同時にソロ活動をスタート、ランディ・ローズを筆頭に数々の名ギタリストを発掘しながらHM/HRのマスター・ピースとなる作品を制作し続ける。2020年にパーキンソン病を患い活動を停止せざるを得なくなるも克服し2022年には新作『Patient Number 9』をリリースし復活を遂げる。しかし、脊椎損傷からツアーからの引退を宣言するが同年3月には活動再開を表明する。そんなオジー・オズボーンの貴重なライヴ・アーカイヴが登場!
1986年2月にアルバム『The Ultimate Sin』をリリースするとともに、久々のワールド・ツアーを行う。その中でもハイライトとなるのが同年8月16日に開催された〈Monsters Of Rock〉にヘッドライナーとしての出演だ。この模様はBBCラジオにて放送され、本作品はこの放送時の音源を使用したライヴ・アルバムである。収録プロダクツのクオリティや放送時間の関係から一部が割愛されているが、本作はアンコールを含めた楽曲が多数収録されている。ニュー・アルバムの楽曲を中心に配したセット・リストは日系ギタリストのジェイク・E・リーのテクニカル&トリッキーなソロ・プレイを前面に押し出したものとなっており、重厚かつハードなサウンドはこの時期のオジー・オズボーンのベストなパフォーマンスだ。このツアー終了と同時にジェイク・E・リーはバンドから脱退するだけに貴重なライヴ・アーカイヴのCD化である。ボーナス・トラックとして前回の日本公演の模様を4曲追加収録。

【仕様】・輸入盤国内仕様<日本語帯、英文ブックレット対訳付>



●ディオ / ザ・ネザーランド '83
国内CD 2,600円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD11124 / 4997184175746)

  

メタル・ゴッズの一人でレインボー~ブラック・サバス/ヘヴン・アンド・ヘル、そして自らのバンド〈ディオ〉を率いてHM/HRシーンの最前線で活躍しながらも2010年5月16日に胃癌によりこの世を去った名ヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオ。そんな彼が率いたディオの絶頂期である1980年代のライヴ・アーカイヴが登場!
1982年にブラック・サバスを脱退したロニー・ジェイムス・ディオは自らが率いるバンド〈ディオ〉を結成、翌1983年5月にデビュー・アルバム『Holy Diver』をリリースする。そしてプロモーションを兼ねたヨーロッパ~北米ツアーを行う。この中で同年12月4日のオランダ公演はプロモーションの為に収録、ヨーロッパ各国のラジオ局で放送され、本作品はこの放送時の音源を使用したライヴ・アルバムであり、ドラム・ソロや2回のアンコールを含めてコンサートの模様を完全収録している。デビュー・アルバム・リリース直後のツアーのため、セット・リストにはレインボーやブラック・サバスの楽曲も含まれている。若きロニー・ジェイムス・ディオのドラマチックなヴォーカル、現デフ・レパードのヴィヴィアン・キャンベルの繊細なギター・プレイ、そしてジミーベイン&ヴィニー・アピスのパワフルなリズム・セクションが織りなす初期ディオのライヴ・パフォーマンスが堪能できる貴重な作品だ。
【仕様】・輸入盤国内仕様<日本語帯、英文ブックレット対訳付>



●ディオ / ライブ・イン・フィラデルフィア 1986
国内CD 3,100円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD11125 / 4997184175753)

  

メタル・ゴッズの一人でレインボー~ブラック・サバス/ヘヴン・アンド・ヘル、そして自らのバンド〈ディオ〉を率いてHM/HRシーンの最前線で活躍しながらも2010年5月16日に胃癌によりこの世を去った名ヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオ。そんな彼が率いたディオの絶頂期である1980年代のライヴ・アーカイヴが登場!
1985年8月にリリースしたアルバム『Sacred Heart』は高い評価を受けるがギタリストのヴィヴィアン・キャンベルは脱退、替わりに元ジェフリアのクレイグ・ゴールディが加入する。そしてバンドは2年に渡る初のワールド・ツアーを行う。このツアーの中で1986年6月17日のペンシルベニア州フィラデルフィアでのコンサートは(米)PBSのテレビ&ラジオ放送の為に収録・放送される。本作品はこの放送時の音源を使用しており、ギター&ドラム・ソロやメドレー、2回のアンコールを含めてコンサートの模様を完全収録している。バンドとして頂点を極めた時期のライヴであるためにロニー・ジェイムス・ディオのヴォーカルはオーディエンスを圧倒するパワフルなものであり、新加入のクレイグ・ゴールディの独特なるテクニックとアプローチで魅了する。ディオのHM/HRのトップ・バンドとしての凄さを体感できるライヴ・アルバムだ!
【仕様】・輸入盤国内仕様<日本語帯、英文ブックレット対訳付>



●マイケル・シェンカー・グループ / ライブ・イン・ジャーマニー 1981
国内CD 2,600円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD11130 / 4997184175791)

  

ヘヴィ・メタル/ハード・ロック・シーンの孤高のギタリスト、マイケル・シェンカー。17歳でスコーピオンズのギタリストとしてデビュー、そしてUFOに参加し世界的な成功に大きく寄与しながらも脱退。1979年に自らの名を冠したマイケル・シェンカー・グループを結成する。様々なトラブルを抱えながらもトップ・ギタリストとして人気を博する彼の貴重なライヴ・アーカイヴがCDとして蘇る!
1980年に自己のバンドとしてアルバム『MSG』をリリースすると、ニュー・アルバムと新結成したバンドのプロモーションの為に日本~ヨーロッパをツアーする。その中で翌年年1月24日の唯一の、ドイツはハンブルグでのコンサートはドイツの放送局WDRのスペシャル番組として収録・放送される。本作品はこの放送時の音源を使用したライヴ・アルバムであり、放送時間の都合から数曲が割愛されるが、UFOの楽曲やアンコールを含めて収録している。名ドラマーである故コージー・パウエルをフィーチュアしたマイケル・シェンカー・グループは、UFOから独立し自己のバンドとして活動をスタートさせたマイケルの意地を感じさせる充実したライヴ・パフォーマンスを披露しており、彼らの将来を大いに期待させる内容だ!
【仕様】・輸入盤国内仕様<日本語帯、英文ブックレット対訳付>



●マイケル・シェンカー・グループ / ロンドン 1983
国内CD 2,600円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD11131 / 4997184175807)

  

ヘヴィ・メタル/ハード・ロック・シーンの孤高のギタリスト、マイケル・シェンカー。17歳でスコーピオンズのギタリストとしてデビュー、そしてUFOに参加し世界的な成功に大きく寄与しながらも脱退。1979年に自らの名を冠したマイケル・シェンカー・グループを結成する。様々なトラブルを抱えながらもトップ・ギタリストとして人気を博する彼の貴重なライヴ・アーカイヴがCDとして蘇る!
ゲイリー・バーデンに替わって加入したグラハム・ボネットをフィーチュアした『Assault Attack』が全米アルバム・チャートでセールスが今一つであったことから再びゲイリー・バーデンを迎え入れて1983年に制作した『Built To Destroy』のリリースを受けてスタートさせた日本~ヨーロッパを回るツアーの中で同年10月23日のロンドン公演はビデオ・プロダクツとTV/ラジオ放送用として収録・放送される。本作品はこの放送時の音源を使用したライヴ・アルバムであり、アンコール等を含めて当日のコンサートを完全収録している。マイケル・シェンカーならではの印象的なメロディーとテクニカルなソロが随所に散りばめられ、このバンドの魅力を向上させている。アンコールで披露するUFO時代の名曲"Doctor Doctor'ではスコーピオンズのクラウス・マイネと実兄のルドルフ・シェンカーが参加し、この日のコンサートのスペシャリティを高めている。
【仕様】・輸入盤国内仕様<日本語帯、英文ブックレット対訳付>



●ユー・エフ・オー / ライブ 1978
国内CD 2,600円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD11128 / 4997184175777)

  

1970年にデビューしたUFOは'C'mon Everybody"のヒットにより新進ロック・バンドとして注目されるがその後低迷する。しかし、1973年に新ギタリストとして元スコーピオンズのマイケル・シェンカーを迎え入れ制作したアルバム『Phenomenon』はマイケル・シェンカーのギター・プレイとコンポーザーとしての能力が高い評価を得てバンドは飛躍を遂げ、1970年代のブリティッシュ・ハード・ロック・シーンで活躍する。2019年には結成50周年を迎えたがクラシック・メンバーが相次いで死去し、最近では中心メンバーのフィル・モグが心臓発作で倒れバンドの動向が心配される。このバンドの黎明期である1970年代のアメリカでのライヴ・アーカイヴがCDとして登場!
アルバム・リリース毎にバンドはアメリカやヨーロッパでのセールスを着実に上げていく。そして1977年にリリースした『Lights Out』では全米アルバム・チャート初登場No.23となる。翌1978年にリリースした『Obsession』ではアメリカでのより大きな成功を求めて大規模な北米ツアーを敢行、その中で同年10月16日オハイオ州クリーブランドでのコンサートは(米)PBSラジオの番組として収録・放送される。番組は放送時間の関係から演奏を一部割愛されるが、本作品はこの放送時の音源を使用したライヴ・アルバムである。新たにギター&キーボードのポール・レイモンドが参加してのライヴはバンドのサウンドをより重厚に変化させる。そしてマイケル・シェンカーのギター・プレイはよりドラマチックでメロディアスになり、フィル・モグのヴォーカルと絶妙なアンサンブルに。このツアー終了と同時にマイケル・シェンカーは脱退するだけに貴重なライヴ・アーカイヴのCD化だ。
【仕様】・輸入盤国内仕様<日本語帯、英文ブックレット対訳付>



●ユー・エフ・オー / ライブ・イン・サウサリート 1975
国内CD 2,600円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD11127 / 4997184175760)

  

1970年にデビューしたUFOは'C'mon Everybody"のヒットにより新進ロック・バンドとして注目されるがその後低迷する。しかし、1973年に新ギタリストとして元スコーピオンズのマイケル・シェンカーを迎え入れ制作したアルバム『Phenomenon』はマイケル・シェンカーのギター・プレイとコンポーザーとしての能力が高い評価を得てバンドは飛躍を遂げ、1970年代のブリティッシュ・ハード・ロック・シーンで活躍する。2019年には結成50周年を迎えたがクラシック・メンバーが相次いで死去し、最近では中心メンバーのフィル・モグが心臓発作で倒れバンドの動向が心配される。このバンドの黎明期である1970年代のアメリカでのライヴ・アーカイヴがCDとして登場!
1975年8月にリリースした『Force It』が全米アルバム100に初めてチャート・インしたことを受けて2度目の北米ツアーを行い、そのツアーの中でプロモーションの為に同年9月23日にロサンゼルスにある名門スタジオ〈Record Plant〉にてラジオ番組用のスタジオ・ライヴを行い、それが収録・放送される。本作品はこの放送時の音源を使用したライヴ・アルバムであり、渡米前に行っていた全英ツアーと同様の曲数でこのスタジオ・ライヴを完全収録している。
マイケル・シェンカーのギター・プレイは多彩なメロディーを歌い上げ、フィル・モグのヴォーカルと絶妙なバランスでUFOとしてのバンド・スタイルをより明確なものとするライヴ・パフォーマンスを披露しており、初期UFOの貴重なライヴ・アーカイヴの登場だ!
【仕様】・輸入盤国内仕様 <日本語帯、英文ブックレット対訳付>



●クラン・アルカナリア / ライジング・レイヴン
国内CD 3,300円(税込) (ARCANARIA RECORDS / ARCN0005 / 2299991268439)

  

愛知を拠点に活動中のゴシック・メタル・ソロ・プロジェクト、Cran Arcanaria待望の2ndフルアルバム。荒れ狂う楽曲たちを詰め込み、前作から約1年半の時を経て堂々完成!
ヴォーカリスト・クランがバンド活動での経験を基に、更に幅広い活動をすべくゴシック・メタル・ソロ・プロジェクトを始動。 Insurrectoのnaoki氏をメインコンポーザーに迎え、共にバンド活動を行ってきたex.arakiahの535氏も作曲に参加。 今後は自身も作曲を行いながら、ソロ活動ならではの企画としてあらゆるアーティスト・作曲家とのコラボレーションも展開していく。 また、バンド活動ではライヴ用SE楽曲の制作および作詞制作のみ参加していたが、本格的に作曲活動も自身で行う。 ソロならではのフットワークの軽さを武器に、拠点・名古屋でのライヴに限らず、関東・関西でのライヴを始め、北海道にまで突撃! ライヴハウスでのライヴ活動を中心に、M3(同人音楽即売会)等、新たな世界へ進撃中。 Cran Arcanariaの主催ライヴ「Dark Eternal」は、周年イベント、ワンマンライヴ、生誕イベント、サーキットイベントなど、様々な形式で展開。







引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008655664
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008659637
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008659638
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008659640
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008659641
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008665491
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008658905
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008669940
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008668214
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008668175
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008668176
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008668180
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008668181
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008668182
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008668177
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008654774
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008645057
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008658654
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008659021
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008656219
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008656217
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008626906
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008669529
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008557950
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008655122
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008669530
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008681398
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DFS230322-116
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008681164


ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れになっているものもございます。ご注文の際には予めご了承いただけますようお願い申し上げます。状態/在庫状況などお気軽にお問い合わせ下さいませ。

TEL:03-3461-1809 / e-mail : dp6@diskunion.co.jp